--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
2009.08.27(Thu):素敵SSv
えへへへへvv貰っちゃった~v 

『On Mani Padme Hum』HINA様 から頂いちゃいました!!誕生日プレゼントvvv


じつはワタクシ去る8/22が誕生日でして。
ちょうどその日が企画の最終話UPでなんだかドキドキな日を送りました。
その事を某所でHINAにお話をしたら、なんと!!SSSを頂いちゃいました~~~!!!!

嬉しいよ~~!!!!0(≧▽≦)o

最初はコメント欄に落とそうかと思っていたらしいのですが、どうやら禁止ワードに引っかかったみたいで、それから拍手コメにと挑戦したが文字制限でこれもダメ。
連絡受けて禁止ワード外したけど、どうもダメらしくて(どうしてだろう??)直接もらいましたv

そして、読んだらなんと!?桃色風味!!! 思わず仰け反ってしまったよ~(笑)
今日まで一人で読んではニヤけていましたv(だって、しばらくは一人で楽しみたかったんだもんvv)

HINA、忙しいのにいろいろお手数かけてごめんね。
ありがとう!! 大好きだぁ!!! 愛してるよvvvv (雄叫びww)




他の方からも頂いてるものがあるのですが、ちょっとこちらには飾れないので、また後日。申し訳ありません!!!


と、言うことで続きにUPですvvv
(ちょっと、桃色風味ですのでご注意くださいませv)


【More...】

改めて。
お誕生日おめでとう&企画ではお世話になりましたv
昨日落とそうと思っていたSSSを置いていきますね~★
…さて。禁止ワードは何だったんだろう(笑)

 * * *

気だるい余韻に浸る中ベッドサイドに置いてあった私の携帯が鳴るのをぼんやりと聞いていた。
敦賀さんがディスプレイを確認しながら「非通知だから……事務所からかな?」と手渡してくれた。

携帯…そう言えば最初驚いたっけ。
敦賀さんがセックスの最中に電話に出たのは。
仕事を大切にしている彼だから事務所からの電話だったら当たり前かもしれないんだけど………。
……でも動きながら話すのはどうかと思うのよっ!
唇を咬んで、声を漏らさないように必死で我慢する私と対照的に、憎いくらい冷静な声で対処する彼。

「どうしたの?でないの?」

促され慌てて通話ボタンを押し耳に当てると、イヤになるくらい記憶にこびり付く声が響いた。

『よっ、元気か?…つか、早くでやがれっ!』
「!!!!!!ショ、ッ……」

叫びそうになって慌てて飲み込んだ。
チラリと横を見ると………ほっ、気付かれては、いない…みたい、ね。
くるりと背中を向けて小声で話す。

「あんた、何で私の番号……」
『どうだっていいだろ?それより……』
「っあ、……っ…」
『あぁん?どうした?』
「な、…なんでもないわよ!」

ってなんでもなくない!!……つ、敦賀さん!!?!?
背後から抱き締めるように引き寄せられて、む、む、む、胸を…やぁんっ!!

『何でもないならいいんだけどよ…。あ、~~~あのさ、お前、、、「ひゃっ、」……ってマジどうした?』

大きな掌で包まれて、指で乳首を摘まれ、首裏から背中へ温かい舌の感触。
先程までの熱を呼び起こすような、誘うような、甘い歓楽。
一度受話器に手をあて振り返り抗議の目を向けるけど、壮絶なまで悩ましい夜の帝王の顔で微笑まれ口付けされた。
ぽとん、と手から滑り落ちる携帯電話。
篭るような音声が途切れながらも聞こえる中、逃れられない儀式が再度始まる。
貫かれ、意識が飛びそうな中、また…敦賀さんが携帯で話している……って、あれ、私の携帯?

「聞こえてる?取り込み中だ。―――もう、二度とかけてくるな」

冷たく言い放って激しく突かれ……もう、その夜の記憶はそこまで…。

(おしまい)

 * * *

そんないかがわしいもんでもない…よねwww(セーフセーフ!!!!


****************************************************************

HINA本当にありがとうvv 嬉しいよ~vv
私も遅くなってるけど、プレゼント頑張るからね!!
スポンサーサイト
web拍手
TrackBackURL
→http://onkyonoyakata.blog26.fc2.com/tb.php/165-828f0fd3
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。